Read Leaf Booksのいちにち

 

7時 ねずみくん、お店につく。

ねずみくんは、まいにち、朝はやくにお店にきます。なぜかって? それはね、いつも、朝いちばんに絵本を読みたいからなんだよ。

開店じゅんび中の店長

8時 あたらしい絵本がとどく。

ねずみくんは、いつも、たくさんの絵本を読んでいます。お店の絵本を読むこともあるし、おともだちが描いた絵本を読むこともあるよ。それでね、これはステキ! って思ったものを、とりよせるの。この時間は、とりよせたステキ絵本を読む時間。

あたらしい絵本をチェックする店長

9時 お店をあける。

ずっと絵本読んでばかりもいられません。お店にくるのを楽しみにしている子どもたちだって、いるんですから。ねずみくんは、お店をあけるまえにおそうじをします。

おそうじ中の店長

10時 絵本の読みきかせ。

いつもいちばんにくる子どもたちがいます。ねずみくんは、その子たちのために、絵本の読みきかせをします。たのしい声、おそろしげな声、うれしい声、かなしそうな声。ねずみくんは、いっしょうけんめいに、もりあげて、お話を読んであげるんですよ。

読みきかせのようす

12時 おひるごはん

ねずみくんの大好物は、もちろんチーズ! あとくだものを一緒に持っていって、かじかじとかじって食べるの。お店がいそがしいときは、お客さんに見つからないように、こっそりと食べてるんですよ。

おひるごはん

13時 ねこさまがいらっしゃる

いつも決まってこの時間に、ねこさまがいらっしゃいます。ねこさまは絵本が大好き……のようなのですが、あんまりおしゃべりがすきじゃないのか、よくわかりません。でも、しずかに棚をみて、一冊すっと手にとって、絵本を買っていきます。

絵本をえらぶねこさま

14時 おひるね

ねこさまがかえると、しばらくお店がひまになります。このすきに、ねずみくんはおひるね。こくこく。鼻ちょうちんがパチン! ねずみくんはそのたびにおきるのですが、また、こくこくと、ねむってしまいます。すこしねむらせてあげましょうね。

ねむくなってしまった店長

15時 おやつ

おひるねが終わったらおやつの時間。おやつ目あてに、子ねずみたちもあつまってきます。はいはい、ならんで。ねずみくんは子ねずみたちにおかしをわけます。絵本をよごさないように食べてね!  店長ですからね、もちろん、そこは注意をしますよ。

おやつのじかん

16時 レジ番

レジ番というのは、お買いものをする場所にたって、おきゃくさんのお相手をする当番のこと。窓をあけていると、ときどきね、ちいさなお客さんがくることがあります。ことりさんとかリスさんとか。なにかおもしろい本、はいりました? 窓ごしにたずねてくるので、はいはい、はいりましたよー、と、ねずみくんはこたえます。小さな子たちのお会計は、花の種だったり、くるみだったり。

小さいおきゃくさんに商品せつめい

17時 いそがしくてたいへん!

夕方になると、おきゃくさんが、たくさんやってきます。きみきみ、どの絵本がおすすめかおしえくれたまえ、と、たずねてくるお父さんも、この時間によくきます。子どもによろこんでもらいたいんだろうな、とねずみくんは思うのです。だからいそがしい時間でも、ねずみくんセレクションを、おきゃくさんに見てもらいます。

おきゃくさんがたくさん

18時 あとかたづけ

お店がしまるまえに、ねずみくんは店内のあとかたづけをします。子どもたちが読みちらかした本を棚にもどし、絵本が売れてすかすかになった棚に補充をします。棚をせいりしていると、たいてい忘れものがあるんですよ。くつ下がかたっぽだけ、とか、たて笛とか、くまのぬいぐるみとか、ボールとか。ときどきね、買った絵本を忘れちゃう人もいます。ねずみくんのお仕事は、みんなの忘れものを、忘れものコーナーにまとめて、おわり。今日もいちにちに、おつかれさまでした。

あとかたづけ

19以降 夜のひみつの本屋さん

夜のみまわり

さてさてねずみくんが帰ったあと、お店はどうなっているのでしょう。おやおや、子ねずみくんがみまわりをしていますね。どろぼうが入らないように、お店を見てくれているようです。それからね、ねずみくんにはひみつにしているできごとも、ときどきあるんですよ。なにかって? それはひみつのできごとだから、ひみつです。ときどき、のぞいてみてくださいね!

\ よかったらシェアしてね! /
B!